水族館 注目の生きものは・・。

水族館 注目の生きものは・・。

 

さて、前回、ウミガメ仲良しカップルについてお話しました。
今日はこの水族館の規模や飼育生物についてご紹介しましょう。

屋内展示
屋内展示

小さな水族館で水量では鳥羽水族館の1つのゾーンより少ないくらい。
水槽は屋外と屋内に大小17。イルカなどの哺乳類はいなくて主に魚とサンゴが中心の展示です。
飼育スタッフにどれぐらいの種類と数がいるのか聞いてみると・・どちらも数えたことがないので、よくわからないとの返事。
うーん なるほどまあいいか。

でも、いろいろこれから紹介していくにはあったほうがいい数字。早速、まず種類を数えました。
ざっと7、80種類ぐらい。
サンゴの細かい種類を入れるともっと増えるでしょう。

一方、飼育数を数えるのはかなり大変!カウンター片手に水槽ごとに片っ端からカウントしていきます。
当たり前ですが、水槽を魚たちは縦横無尽に泳ぎ回って行ったり来たり、あれ見逃した?これカウントしたかな?真剣に取り組みましたが、後半になるともうかなり雑に・・。

やっと終了!

うーん600~700匹ぐらいかな。結局かなり大雑把(笑)まあいいか。
さてそんな中で注目生物はやはりパラオオウムガイ。

パラオオウムガイ

パラオと付くようにパラオの深海にしか生息しない種類です。
広く美しいパラオの海でダイビングしても直接見ることのできない神秘の生きものパラオオウムガイは水族館で出会えます。
これは一見の価値ありですよ。不思議で謎に満ちた生態について詳しくはまた別に機会に・・。